有痛性外脛骨

☆こんにちは、熊本県玉名市のてらもと整骨院です。

 

今日は「有痛性外脛骨」についてです。

 

内くるぶしの前下方あたりが突出し痛みが出る症状です。

 

ねんざをきっかけに起きるものもあれば、

 

繰り返しの体重の負荷により少しずつ出てくるものもあります。

先日もこの症状でソフトテニスをしている高校生が来院されました。

 

テニスをしながら別の競技にも助っ人として出場するため、

 

両方の練習に参加していたら痛みが出てきたとのことでした。

 

歩くだけでも痛みが出ていたのですが、

 

治療後は歩けるようになり、

 

痛いほうの足に体重を乗せても痛みが出ませんでした。

 

二度目の来院時には走ってもジャンプしても痛みがなく、

 

三度目の来院時には練習も全てのメニューをこなせたそうです。

 

大会も近かったので、間に合ってよかったです。

 

 

 

気になる症状がありましたらなんでもご相談ください。

 

 

 

 

 

てらもと整骨院

 

0968-72-0058

 

暖かくなり、車も多くなりますので、

 

車を運転される際は十分にご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*