肉ばなれ

こんにちは、熊本県玉名市のてらもと整骨院です。

 

先日、太ももの裏側(大腿二頭筋)を痛めた高校生が来院されました。

陸上の短距離を練習中、足を引き上げた際に

痛めたそうです。

 

歩くのはあまり痛くないけど、うつ伏せで膝を

曲げると30度ぐらいしか曲がりませんでした。

もちろん患部を押さえると結構痛みが有り少し腫れもありました。

10日後にインターハイの予選があるため、

何とか試合に良い状態で臨みたいという

ことでしたので、当院でおすすめしている

自費治療(保険証は使用しません)の高度整体治療をさせていただきました。

 

治療後は痛みで膝を曲げれなかったのが

たった一回の治療で曲げれるようになり、

押しての痛みも取れました。

 

インターハイまであと僅かです!!

なかなか痛みが取れず悩んでる高校生は、

 

今すぐてらもと整骨院へ!

 

夕方以降の予約は大変混みあっています。

早めの予約をおすすめします。

 

予約優先制です。

電話 0968-72-0058

 

はく離骨折・・・諦める前に治療に‼

こんにちは。熊本県玉名市のてらもと整骨院です。

先日、玉名・荒尾地区では多くの中学校で体育大会が行われました。暑いなかお疲れ様でした。

 

今日は剥離骨折のお話です。

 

中学生のみなさんが体育大会から約1ヵ月後に控えているのが「中体連」です。

昨年、体育大会後に車いすで中学生の患者さんが来られました。

股関節のはく離骨折です。

体育大会で走っているときに、足を引き上げたときに痛みが走ったそうです。そういうこともあるんです。約1ヵ月後に中体連を控え、それもチームのキャプテンでした。

 

高度整体治療と、微弱電流機器の治療を組み合わせ、1週間ぐらいで立てるようになり、2週間後にシューティングの練習を始め膝の曲げ伸ばしが出来るようになりました。

中体連1週間前の練習試合・・・患者さんはフルではないですが出場できるまでに回復されました。1週間後の中体連‼キャプテンとして、プレーヤーとして中体連に出場。治療期間中も、体力が落ちないように、ボールの感覚が落ちないように患者さん自身もトレーニングを積まれていました。

 

はく離骨折も治療の組み合わせ次第で、目標の標準に間に合うことがあるのです。

 

もし、あきらめかけている方がいるのなら・・・

ぜひ一度ご相談下さい。

 

また、他の症状でお悩みの方も・・・今からが一番、身体的にも精神的にも追い込まれるのではないでしょうか。少しでもいいコンディションで、県大会、全国大会を目指すのならお電話お待ちしております。

 

 

予約優先制

てらもと整骨院

0968-72-0058

 

もし、ストレスやプレッシャーを感じずに試合に臨めたら・・・

 

こんにちは。熊本県玉名市のてらもと整骨院です。

今日は高校総体にまだ間に合う「ストレス・プレッシャー遮断療法」のことについて書きます。

 

試合前の精神状況はいつもいかがですか??

・緊張する

よく耳にする症状として

〇陸上のスタート時

〇いつも入るはずのシュートが入らない

〇試合が始まる前にお腹がゆるくなる

〇朝起きて食欲がわかない

〇前日眠れない

〇試合前から肌荒れがひどい←これもストレスの可能性が

〇疲れがとれない

 

・監督、コーチからのプレッシャーがある

・会場の様子が気になり、試合に集中できない

・両親の期待が憂鬱

・身体の準備はできているが、気持ちがついてこない

 

など・・・。みなさん、いろいろ抱えているようです。しかし、その気持ちの揺らぎが、いつも通りの動きや、判断力を鈍らせてしまいます。

 

 

てらもと整骨院では、ストレスプレッシャー遮断療法があります。

これを受けて、「今までとは全然違う」「落ち着いて試合に臨めた」「緊張しなかった」「相手の人柄が変わったような気がする」など、たくさんの喜びの声をいただいています。

 

初回はカウンセリング、2回目に施術となります。

残り1週間となりました。

 

迷っていらっしゃる方、一度お電話でご相談下さい。

予約優先制

0968-72-0058

まだ間に合う⁉総体に間に合わせたいシンスプリントの痛み‼

こんにちは。熊本県玉名市のてらもと整骨院です。

 

いよいよ高校総体まで2週間です。今日は「シンスプリント」と呼ばれている脚のスネの骨辺りに痛みが出る症状です。

この痛みは、とにかく早く治療した方がいい症状です。

 

様々な要因があります。

 

・練習量が急激に増える

・繰り返し動作が多い

・休養が少ない

・踏ん張る姿勢で膝が内側に入る

・つま先が開いている

・土踏まずが落ちているか高い  など。

 

一番大切なことは、痛みが出たら運動を中止することです。

なぜなら、運動を続けると痛みが関連して他の障害をおこしやすいからです。

肉ばなれや骨折にもなる可能性があるのです。

 

・運動の中止

・氷やアイスパックで冷やす

・包帯などがあれば圧迫する

・てらもと整骨院へ来る

 

 

運動を中止しても、中途半端に休むだけでは内的要因(体に原因)がある場合、同じ練習をすればまた痛みが出てしまいます。

また、軽い痛みを我慢して練習を続けるのは非常に危険です。

特に、試合が近い時期だからこそ休養と治療が必要とされます。

 

整骨院に来られる患者さんの中には半年ほどスネの痛みに悩まれ、痛みを我慢して練習されていました。歩くのも、体重をのせるのも、足首を動かすのも痛みがありました。しかし3回の来院で痛みは無くなり、治療期間中も練習をお休みされていません。←(本当は、運動量を減らすか、休養をとっていただきたかったのですが・・・)

 

 

症状も原因もそれぞれです。患者さまにあった治療を行います。

いい状態で試合に出るためにも、ぜひ一度お電話ください。

 

予約優先制

0968-72-0058

 

有痛性外脛骨って・・・。内くるぶしと土踏まずの間が痛い方・・・

こんにちは。熊本県玉名市のてらもと整骨院です。

熊本地震から1ヵ月が経ちました。被害のあった方々には心からお見舞い申し上げます。1日も早く元通りの生活ができますよう祈っております。

そして、痛みでお困りの方のお役に立てる情報をこれからもお伝えしていきます。

 

では‼

てらもと整骨院では様々なスポーツをされている学生さんが治療に

来られています。これからの時期に多くなるケガや応急処置など

お伝えできたらと思います。

 

今日は、「有痛性外脛骨」による痛みについて。

「有痛性外脛骨」って知っていますか?

聞きなれない方も多いと思います(^-^)

 

足首の内くるぶしの斜め下辺り(土踏まず近く)にある骨が痛いという方・・・実は、多いんです。

この痛み、「あれ?足首を捻った覚えもないのに痛い・・・(*_*)」という方が多いです。あとは、足首の捻挫の際に一緒に痛めるケースもあります。

 

どんな時に痛めるのか?というと、

大きな衝撃が加わる時

・ジャンプの着地

・グっと踏ん張ったとき

・方向を切り返したとき など

 

小さな衝撃が加わる時

・走り続けるスポーツ など

 

あなたの土踏まずにはアーチがありますか??

偏平足ではないですか??(土踏まずがない状態です・・・。)

つま先が膝に対して外側を向いていませんか??

こんな方には当てはまりやすいです。

 

なんとも言えない、ジーンとした痛みが足を着くとあるんですよね。

 

もし、このような症状になったら、

  1. 運動を中止する
  2. 冷やす
  3. てらもと整骨院へ治療に行く

 

これがベストな流れです。

有痛性外脛骨は、以外と痛めても我慢して練習を続ける選手が多いです。しかし、そのままにしておくと、足を着くだけで激しい痛みが出たりします。

 

大事な時期だからこそ、早く治療をして早くベストな状態で練習をされることをお勧めします。

 

 

ご予約優先制です。

 

てらもと整骨院

0968-72-0058