頑張りすぎて痛くなった膝・・・   てらもと整骨院

 

 

こんばんは、熊本県玉名市のてらもと整骨院です。

 

今日は「膝」についてお話しますね。

 

昨日、地域でも有名なTサッカークラブの

6年生の選手が「膝」を痛め来院されました。

 

症状は

走っても痛い。

踏み込んだりして痛い。

もちろん押しても痛いということでした。

特に急にストップしたりすると痛く、

練習後は屈伸が出来ない状態だったそうです。

 

 

痛い所は、「膝のお皿の下で、お皿(膝蓋骨)と

 

脛骨をつないでいる靭帯」です。

 

サッカーやなどの

ランニングやジャンプを

よくするスポーツ選手に

とても多い症状の一つです。

 

ランニングやジャンプ動作で

太ももの筋肉が伸び縮を繰り返し

痛みが発生したりします。

 

また、太ももの筋肉が弱かったり

ストレッチが上手くいかなかったり

筋肉が硬い方は要注意です。

 

 

治療後はというと押さえても痛く、

動いても痛くない状態で帰っていただくことが出来ました。

 

今日も来院され、昨日の痛みは全く無かったですね。

 

 

この症状はサッカーだけでなくバスケットボールや

バレーボールなどにも多くみられますよ。

 

同じような症状でお困りの方はてらもと整骨院へ

ご相談下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*