試合は待ってくれません。  てらもと整骨院

こんばんは、熊本県玉名市のてらもと整骨院です。

 

今日は外脛骨についてお話しますね。

 

現在通院中の高校生ですけど、陸上の練習中に

痛くなり来院されしました。

 

歩いても痛い

痛い部分を押したらもちろん痛い

走ったら痛くて走れない、

びっこひいて歩いています。

 

みなさんも痛くなったことあります。

 

走ったりする競技(陸上、サッカー、野球、

バスケットボール、ハンドボールなど)をやる人には大変ですよね。

 

足の内側のくるぶしの下あたりの、

ちょっと出っ張ったやつが痛いんですよね。

でも、出っ張ってない方もおられます。

 

原因は走りすぎたりするオーバーワークや

足首のねんざをした時一緒に痛めたり、

特に扁平足の方が多いようです。

 

痛めた場合、ほとんどが治療せず、

湿布して安静にしているだけじゃないですか?

安静にしなくてはいけないですが、治療をして

安静にした方が早く改善させることが可能ですよ。

 

当院では、治療をし酷ければ安静にしてもらいますが、

殆どの方が、1回の治療で痛みがほぼ改善されることが多いので、

場合によっては次の日から運動を再開してもらっています。

 

今回来院された高校生も2回目の治療後から

走り始めました。

今は試合に向けて順調に練習をしておられます。

治療法がないと思われ、痛みが引くのを待っている

方がおられますが、当院には治療法があります。

その治療法も痛みを感じなく、痛みを取っていきます。

 

 

痛みが引くのを待っていたら、いつまでも練習も試合も出れません。

もし、同じような痛みでお困りの方はてらもと整骨院へご相談下さいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*