肉ばなれの落とし穴。あなたは大丈夫??

 

こんばんは。てらもと整骨院です。

今日は、肉ばなれについてお話しますね。

一度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか??

 

肉ばなれは、筋肉の線維が傷ついたり、切れたり、といった状態で酷い時には内出血を

起こし、腫れ上がってしまいます。

 

現在、熊本県内では陸上中体連に向けて多くの中学生が練習に励んでいますね。

ある、中学生が陸上の練習中に太ももに違和感がありましたが、練習できないほどの違和感でもなかったので陸上の練習を続けていました。

どこにでもあるような話ですね。

筋肉痛のような・・・そうでないような・・・そんな違和感だったようです。

しかし、それを放ったまま練習を続け、いつの間にか走るたびに痛みを感じ、

整骨院に来られた時には腫れがあり、膝を曲げると痛くて曲がらない状態でした。

 

筋肉痛ではなく肉離れを起こしていたのです。

肉ばなれは軽いと歩いては痛くなく、強く走ったり押したりすると痛みが出るくらいで、

筋肉痛と間違えることがあります。

みなさん気を付けてくださいね。

治療は関節の歪みや筋肉のねじれなどを改善し、負担のかかっている部分を取り除く

テーピングを貼り、2回の高度整体治療で先日の大会に出場し

自己ベストを出すことができました。

 

太もも、ふくらはぎ、お尻、背中、お腹・・・主にこのような部位にあるケガのひとつです。

このくらい大丈夫!!と思う違和感ですが、練習を続けて、スピード系、ジャンプ系の

トレーニングを続けると試合に間に合わないほどの肉ばなれの状態に

させることもありますよ。

 

自分でできるアイシングやストレッチももちろん大切ですよね。

しかし、違和感のあるうちに、治療を行い、あっという間に違和感を取り除き、身体を整えておくこと、それが最後の追い込みの練習をこなせる秘訣かなと思います。

 

中体連まであと少しですね。

高度整体治療で万全の状態でベスト記録を出しませんか??

 

予約優先制です。てらもと整骨院へお電話でご予約ください。

TEL0968-72-0058

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*