怖い打撲の行方・・・目標の試合に・・・

 

こんにちは。熊本県玉名市のてらもと整骨院です。

今日は年末に太ももを打撲されて来られた

男子高校生のお話の続きです。

 

ちょっとおさらいしますね。

来られたときには筋肉のように固くなって腫れている状態

(骨化性筋炎になりかけている)でした。

太ももから膝までパンパンに腫れていました。

膝はろくに曲がらず、歩くことが精一杯といった感じです。

その高校生は、2回の治療で膝がずいぶん曲がるようになりました。

3回目にはほぼ屈伸ができるまでに。

ここからがご報告。

3回目にほぼ屈伸ができるまでになり

痛みはほとんどなくなりました。

なので・・・

筋力の落ちた脚の筋力トレーニングを開始しました。

筋力トレーニング

高度整体治療(本来の動きを引きだし バランスを整える)

ハイチャージ(全身の疲労回復)

これを組み合わせていきました。

最初はジョギングもできないほど筋力が落ちていました。

しかし、治療開始から3週間で全体練習に復帰しました。

4週間後・・・

まだ、完全に筋力が戻り切った訳ではありませんが、

競技に復帰し以前のような動きに戻りつつあります。

今は、疲労回復を促してくれるハイチャージのお蔭で

全体練習+アルファーで筋力トレーニングも追い込めているようです。

目標だった1月の試合にもしっかり間に合うことができました。

 

同じようなことでお悩みの方も少なくないのではないかなと思います。

ぜひ、一度ご相談ください。

0968-72-0058

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*